コーヒーメーカーを比較するポイント

コーヒーメーカーを比較する際に多くの方が、どれがいいかわからないと思うと思います。

まず、ひき方から紹介します。まず定番なのが、豆、もしくは粉からコーヒーを作るタイプです。そしてもう一つが最近はやっている、お湯と混ぜてコーヒーになるカプセルから作るタイプです。粉や豆からコーヒーを作るタイプのものは、少し手間がかかりますが風味がとても豊かな仕上がりになります。カプセルから作るものは手軽に作れ、味もインスタントのものとは比べ物になりません。コーヒーメーカーを比較して選ぶ際に手軽に楽しみたいか、本格的に楽しみたいかによって、種類を選んでいくのが良いと思います。

また、価格については安いものでは10000円以下高いものだと20000円以上します。この価格の違いは、主に豆からコーヒーを作れるかということにあります。豆からコーヒーを引く場合、専用の機械が中に入るため、値段が大きく変わります。もちろん豆からコーヒーをひいたほうが、風味やうまみは逃げにくいです。ですが、粉から作るタイプのものも技術の発展によって大きく風味を失うということは決してありません。

もう一つ比較できる点は、一回で作れるコーヒーの量です。少ないものでは4杯分、多いものだと1リットル以上作れるものもあります。多くコーヒーが作れるものは、その分サイズも大きくなります。また、作れる量の差による価格の違いはそこまで大きくありません。このようにコーヒーメーカーを比較する際には、自分がどこまでの質や量を求めるか、また、価格とも相談して選ぶことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *