レギュラーコーヒーにも種類があります。

レギュラーコーヒーというのはインスタントコーヒーに対していわれる総称のことです。

少し細かく見ていくといくつかのタイプに分けられます。おおまかにいうと、豆のタイプと粉になっているタイプ、最後にドリップするためのパックになっているタイプです。こだわりのある人は、やはり豆のタイプを選びます。理由は簡単です。挽きたてが一番香りが引き立つからです。そして、保存に関しても比較的長くいい状態を保つことができます。レギュラーコーヒーの香りを一番感じることが出来るのがこのタイプだといえます。次の粉のタイプですが、こちらはすでに粉になっている状態のものを購入して飲むということになります。購入したときには袋に詰めて密封しているのでいいですが、いったん開封してしまうと風味が失われやすいということがあります。

そのため開封後は出来るだけ早く飲み切ることが大事です。そのために一度に大量に購入するわけにはいかなということになります。最後はドリップパックになっているタイプです。このタイプなら一杯分ずつ個別に包装されているので風味はかなり保たれています。個別に包装されているので携帯性もよく、アウトドアなどに持って行く時にも便利です。それぞれ一長一短があります。楽しみ方は人それぞれなので好きなタイプを選んで楽しむことができます。選ぶ時のポイントは価格と手間で考えてみると分かりやすいです。美味しいレギュラーコーヒーを飲むためには手間がかかるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *