レギュラーコーヒーのカフェインは脳に効きます。

レギュラーコーヒーを飲むときに何を目的に飲むのかは人によって違います。

眠気覚ましという人もいれば、ただ好きだからという理由である場合にもあります。いずれにしてもレギュラーコーヒーに含まれるカフェインには計算や記憶を向上させる作用があることが分かっています。カフェインは摂取した後に血管を通って数十分で脳に到達するといわれています。カフェインには血管を拡張する作用があるために脳も活発に活動を始めます。眠い時に目が冴えてくるのはそのためです。しかし、効果はそれだけにとどまらず、最近の研究では体脂肪を燃焼するということもわかってきています。

交感神経が刺激されることで基礎代謝がアップするためといわれています。しかし、実はカフェインの含有量だけでいうと、もっと多く含まれている飲み物はあります。日本茶の玉露などはレギュラーコーヒーの2倍以上のカフェインを含んでいるといわれています。単純にカフェインを取るという意味では、玉露を飲むのが一番ということになります。しかしレギュラーコーヒーが一般的なのは独特のあの香りが人々を魅了しているからだといえます。

コーヒーも歴史をたどればはじめは薬として飲まれていたといわれています。やはり、覚醒作用が注目を集めていたためです。そういう意味でオフィスでレギュラーコーヒーを飲むのは理にかなっています。カフェインの覚醒効果と香りに癒やされて仕事に打ち込むことができるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *