カフェインレスコーヒーが増える理由

カフェインレスコーヒーが増えています。

スーパーやコンビニをはじめとする小売店だけでなく、コーヒーチェーン店でもカフェインレスコーヒーを選べるようになりました。カフェインレスコーヒーが増える理由は女性と時間に関係があります。女性は月経により鉄分を大量に消費します。そのため、女性の1日の鉄分摂取量が12mg、妊婦さんになると20mg必要になります。しかし、カフェインの過剰摂取は鉄分の吸収を阻害するため、貧血の理由になってしまいます。

また、コーヒーを嗜む女性が増えていることから、妊婦さんにも飲用できるコーヒーとしてカフェインレスコーヒーが増えています。特に妊娠初期では、流産や早産、低出生体重児や発達障害の原因になるととも指摘されており、妊娠中はカフェインの摂取を減らすよう指導されます。このことから、女性や妊娠中の方が楽しめるよう、カフェインを大幅にカットしたコーヒーが増えているのです。これ以外にも飲む時間が関係しています。

コーヒーは朝食後に飲むことが多くなっていますが、カフェインレスであれば夕食後にもコーヒーを楽しめます。コーヒーは好きだけどカフェインが効きすぎて困る人、鉄分の摂取が必要な方や妊娠中の女性、夕食後にもコーヒーブレイクを楽しみたい方に選ばれているのです。カフェインレスコーヒーは、いわば飲む人や時間を選ぶことのないバリアフリーなコーヒーとして、愛飲するかたがますます増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *