カフェインレスコーヒーの風味はどうなのか

店頭にカフェインレスコーヒーが並ぶ機会が増えています。

カフェインレスコーヒーは、その名の通りカフェインを抜いたコーヒーのことで、覚醒作用や利尿作用、血管拡張作用などの原因となるカフェインを取り除くことで、誰でも時間に関係なく飲みやすくなっています。カフェインレスコーヒーの種類も増えています。早くからインスタントコーヒーとして登場していましたが、ドリップパックやスティックコーヒー、カプセルコーヒーなどまで広がり、選択肢も大きく広がりました。最も気になるのは風味です。カフェインを抜くことにより風味に変化が起きるのでしょうか。結論から言うと、苦味が少し減ります。カフェインは苦味成分の中に含まれており、全ての苦味の中の約10%程がカフェインだと言われています。

カフェインレスコーヒーになると、この苦味が10%ほど減る事になります。苦味が減るため、後味がすっきりするためコーヒーの持つ苦味が苦手な方でも楽しめます。また、苦味の全てが消えるわけではありませんので、コーヒーがもつ独特に苦味を楽しみたい方にもおすすめできます。カフェインレスにより、夜にコーヒーを楽しむことができるようになりました。一般的には、朝食後にコーヒーを飲むことが多くなっていますが、カフェインレスコーヒーであれば、夕食後にも楽しむことができます。最近では、カフェインレスのコーヒーチェン店も増えていますので、妊婦さんなどカフェインが気にある方も手軽にコーヒーを楽しめるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *