一味違うコーヒーメーカー、フレンチプレス

コーヒーメーカーにはドリップ式、カプセル式、カプチーノができるもの、エスプレッソマシン、等々様々な種類がありますが、本格的に入れているはずなのにお店で飲むコーヒーの味にはならない、そんなことを感じたことはないでしょうか。

実はその味の差は、どうやらコーヒー豆の油にあったようです。コーヒーカップに油膜ができているなんて気持ち悪くないですか、という声が聞こえてきそうですが、確かに、焙煎してから日が経ってしまったために出てきた油なら気持ち悪いです。しかし、コーヒーの脂質はもともとコーヒー豆が持っている旨みであり、焙煎したての新鮮なものであればむしろあった方がいいのです。コーヒーメーカーは基本的にはドリップ式が多いですが、ドリップ式だと紙やネル等に油が吸い取られてしまいます。

経済的に大量にコーヒーを飲みたいということであれば、豆の鮮度や質はあまり期待できないので油を吸い取ってくれるドリップ式の方が美味しく入れられるかもしれません。でも、特別な日の一杯とか、できるだけおいしいコーヒーを自宅で飲みたいときには、鮮度のいい、自分好みの種類、焙煎方法の豆を買ってきて、油膜が浮くような淹れ方でコーヒーを楽しんでみたいもの。そんな時に活躍するのが、フレンチプレスのコーヒーメーカーです。

これは電気を使うものではありません。紅茶によく使われているやり方でコーヒーをいれる器具です。使い方は簡単で、粗びきのコーヒー粉と90℃くらいのお湯を入れ、軽く混ぜてふたをして4分ほど待つだけ。その後中蓋を下まで押し下げてからカップに注ぎます。これだとコーヒーの旨みも香りも、そのコーヒー豆の魅力の全てがカップの中におさまります。もちろん、お湯の温度や、浸す時間、豆の挽き方や分量等で、自分好みの微調整も可能ですから、融通の利くコーヒーメーカーとも言えるでしょう。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *