コーヒーメーカー購入時の注意点

コーヒーメーカーにはたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう事もあるでしょう。

そんな場合は、以下に挙げる点を中心に、それぞれの製品を比較して、自分に合ったコーヒーメーカーを探していきましょう。■一度に作れる量エスプレッソマシンやカプセル(ポーション)を使うタイプは一度に1~2杯くらしか作れないのが一般的ですが、ドリップタイプになると一度に10杯以上淹れられる大容量タイプもあります。大容量タイプはその分サイズも大きいので、家族の人数や作り置きするのかどうかなどを考えて選びましょう。

■サイズ・重量コーヒーメーカーのサイズや重量は、容量のほか機能の多さなどでも変わってきます。特にエスプレッソ機能があると、圧力をかける装置が必要な分サイズが大きくなる傾向にあります。設置予定場所の高さや奥行きを事前に測っておきましょう。■機能コーヒーメーカーで最も大事な機能が、作ったコーヒーを保温する機能。ガラスのポットをヒーターで温めるタイプが一般的ですが、割高ですがヒーターを使わず保温性の高いステンレスポットで保温するタイプもあります。少容量タイプでは基本的に保温機能はありません。

その他の機能では、コーヒー豆を挽く機能(コーヒーミル)や浄水機能、コーヒーの濃さを変える機能や消し忘れ防止機能などが付いたものもあります。たくさん機能が付くほど高額になるので、自分に必要な機能を見極めるのも重要です。■お手入れのしやすさコーヒーメーカーは家電製品なので丸洗いというわけにはいきません。汚れやすい部分はコーヒー豆を入れるバスケットとその周り、ポットや給水タンクなので、これらが取り外しできるものがお手入れがしやすい製品ということになります。■コスト本体価格だけでなく、コーヒーを1杯あたりの材料費や消耗品代なども確認しておきましょう。長い目で見ると、高額品の方が結果的に安上がりになる事も。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *