メーカーにこだわって淹れるドリップコーヒー

自宅で手軽においしいコーヒーを飲みたい時、ドリップコーヒーを選ぶ人は多いのではないでしょうか。

ドリップコーヒーを淹れる際、欠かせないのがドリッパーです。ドリッパーには様々な種類があり、中にはキッチンのインテリアになるような高いデザイン性のものもあります。そして、老舗のメーカーと言えば、メリタ、ハリオ、カリタです。メリタは、ペーパーを使ったドリップコーヒーを世に普及させたドイツのメーカーです。メリタのドリッパーの特徴は、一つ穴と溝の形状です。一つ穴は、抽出時間が一定になるので、味にばらつきが出ません。

そして、溝が刻まれているので、お湯の流れがコントロールされ、注ぐお湯の量を調整するなどのテクニックが必要がありません。豆の量とお湯の温度を一定にすれば、いつも同じ味のコーヒーを楽しむことができます。ハリオは、日本生まれのメーカーですが、海外にも多くのファンがいます。ハリオのドリッパーは円錐型になっているのが大きな特徴です。このデザインでグッドデザイン賞を受賞しています。

この形状では、お湯が中心に向かって流れるので、粉のうま味が抽出されやすくなり、しっかりとした風味のドリップコーヒーを淹れることができます。カリタのドリッパーは、穴が3つあり、溝が扇状になっています。お湯を注ぐとすぐに抽出が始めるので、初心者には難しいと言われています。ですが、慣れると注ぎ方次第で抽出するスピードを調整することができるので、クリアで風味豊かなドリップコーヒーを淹れることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *