コーヒーカプセルはメーカーごとに違う

コーヒーマシンを家庭におくケースが多くなっています。手軽に本格的で香り高いコーヒーが飲めるので、最近は良く目にするようになりました。ただ、コーヒーマシーンだけではなく、専属のコーヒーカプセルがないと飲めません。コーヒーカプセルの中には既に挽かれたコーヒー豆の粉末が入って、密閉されており、マシンにセットするだけでいいので簡単です。

カプセルにもいろいろな種類のテイストが用意されているので、飽きずに楽しめるのも人気の理由の1つです。また、ラテなどはコーヒーのカプセルとクリームのカプセルと2つを使って仕上げるなど、より本格的で多彩な種類を作れるようになっています。しかし、コーヒーカプセルはメーカーやマシンの機種ごとに決まっており、それに合わせたものを購入しないと使えないのが難点です。コーヒーマシンごとにカプセルをセットする構造も大きさも作り方も異なるので、それに合わせた専用のカプセルではないと作れないのです。

そのため、他のカプセルで気になるものがあっても、コーヒーメーカーが違えば楽しむことができないのが現状です。自分の持っているコーヒーマシンのカプセルでしか選ぶことができないのが寂しいところです。ですので、カプセルも飽きないように定番からクリームを使ったもの、紅茶系や抹茶、ココア系などのカプセルも登場しています。1日の中で味を変えてもいいですし、気分によって選ぶ楽しさもあるのがコーヒーカプセルの魅力でもあります。

オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *