安いコーヒーメーカーのおすすめ。

コーヒーの世界は奥深く、豆の価値は市販されているピンから超高級品のキリまでのヒエラルキー構造ができあがっています。市販されているものにはインスタントコーヒーが多く出回っており、普通の家庭ではこれをお湯で溶かして飲むのがスタンダードとされていますが、もう一歩進んだ味を求めているならコーヒーメーカーをおすすめします。コーヒーメーカーには目的別に様々な種類のものがあり、1万円以下の安い物、1万円~2万円の高価な物、エスプレッソに特化したもの、カプチーノに特化したものなどといった具合に、抽出方法や保温機能の有る無し、ミルというコーヒー豆を粉に挽く機能の有る無しへと分かれています。また最近ではカプセルをセットするだけで簡単にコーヒーが作れるコーヒーメーカーも登場しています。

機能でおすすめしたいのはまず抽出する際の熱湯の温度の限界で、高温抽出してできるコーヒーは苦味や油分が通常のものよりも良く引き出せるため、濃いコーヒーが好きな人にはおすすめです。また保温機能については、コーヒーは熱いうちに飲むのが一番で、保温しておけばまずくなってしまうため要注意ですが、一回抽出したものを一日掛けて飲みたい、という方にはおすすめできる機能といえます。その他にも、カプセル式のコーヒーメーカーも販売されていますが、これはお手入れも楽で手軽に美味しいコーヒーを飲めるので、洗い物をするのがちょっと面倒だと思ってしまう方には良いでしょう。コーヒーメーカーはこれが一番というものはなく、飲む人の予算や目的に合ったものを選ぶのがベターです。

美味しいコーヒーは朝の目覚めに役立つ一品、機器選びはじっくりドリップした上で決めるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *