おすすめコーヒーメーカーはライフスタイルで変わる

コーヒーは抽出によって味が大きく変わります。ハンドリップ式の場合、湯の温度、蒸らす時間や方法など、とにかく多くの要素が味に変化を加え、一定した味を保つことが難しいものです。それを解消するために生まれたのがコーヒーメーカであり、コーヒーマシンとも呼ばれます。日本では電気コーヒー沸器として、家庭用品品質表示法の適用家電にも指定されています。

おすすめの家庭用コーヒーメーカーとしては、やはり、最もスタンダードなドリップ式です。バスケット部分に粉を入れ、タンクの水が一定温度かつ一定速度で滴下する事で、常に均一な風味と味を提供する上、1人用から大人数用まで、様々な容量が販売されています。ミル付きのコーヒーメーカーもあり、挽きたての粉を堪能する事も可能です。抽出時間は容量によって変わりますが、数分から十数分で抽出が終わるので、大量消費する家庭にもおすすめです。

一定の水準を維持しつつ、全てを自動で行う事に物足りなさを感じるような人には、サイフォン式やパーコレーター式が良いでしょう。サイフォン式は熱した水がロート部分の粉と接触し、やがて自重によって抽出される物で、喫茶店でよく見かける形式の物です。パーコレーターは温めた水が密閉器の中で上昇する事によって粉と接触し、自重によって抽出する方法で、アウトドアでも利用されます。電気ではなく火を使い、様子を見ながら抽出する必要があるため、一手間かけたい人におすすめのコーヒーメーカーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *