ドリップコーヒーの特徴とは

一般的にコーヒーと言えば多くの方がインスタントコーヒーや缶コーヒーを思い浮かべます。これらのコーヒーは手軽に飲めますので、気分転換や気軽にコーヒーを楽しみたい場合によく飲まれています。しかしコーヒーにこだわりを持っている方の場合は、コーヒーと聞くとドリップコーヒーを思い浮かべます。ドリップコーヒーは専用の抽出器具などが必要になりますが、本格的なコーヒーを楽しむ事が可能になっています。

また、ドリップコーヒーはフィルターによって呼称が変わってきます。最も一般的なのが紙製のフィルターで、この場合はペーパードリップと呼ばれますが基本的にはドリップと言えばこのペーパードリップを指しています。その他にもメッシュが金属でコーティングされたゴールドフィルターを使ったゴールドドリップ、布を使ったネルドリップなどがありますし、最近ではお湯を注ぐだけでできるインスタントタイプのドリップコーヒーもあります。ドリップコーヒーの特徴は芳醇な香りや深い味わいなどになります。

これは豆を挽いて作ると言う事が理由になっていて、インスタントコーヒーのように香りが飛んでしまう事が少ないので豆本来の香りや味を楽しむ事ができます。ただしドリップするための場所や器具が必要になりますし、美味しく淹れる為にはそれなりの技術が必要になります。また消耗品のコストやゴミの問題もありますので、気軽に楽しみたい方には適しているとは言えません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *